2016年 08月 14日

リュウキュウコノハズク

夜の森へとカメラを持って行ってみた。
c0127367_12225607.jpg
まずはキュートなミナミヤモリがお出迎え。
可愛すぎる。
絶対笑ってるし、そしてカメラ目線。





先ほどからコノハズクの声がする。
声が聞こえる方へ近づいていくと、いた。
c0127367_12232457.jpg
c0127367_12233314.jpg
c0127367_12231646.jpg
「リュウキュウコノハズク」だ。

最近この辺りにいたクワガタ達を全然見かけなくなった。
きっとこのコノハズクのファミリーがことごとく食べているのだろう。
久しぶりに至近距離でコノハズクを見たが、やっぱり可愛いな~。

[PR]

# by nagatsuka634 | 2016-08-14 14:08 | 沖縄・自然 | Comments(0)
2016年 07月 16日

久しぶりの撮影。

久しぶりにカメラを持って昆虫の写真でも撮りに行こうと思い立った。

フィールドへ着くとハエトリ系のクモがサイドミーラーにいて、こちらの様子を伺っている。
c0127367_13025614.jpg
個人的にクモの顔、特に眼が可愛いと思う。






アカメガシワに何かいないかと見上げると、花に目立つ昆虫がたくさん付いている。
c0127367_13094354.jpg
おお、アカギカメムシじゃないか。
しかも群生してる。ラッキー。
ついついシャッターを押して、300枚くらい撮ってしまった、いや本当はもっと。

c0127367_13093097.jpg
こちらはゲットウの葉にいたやつ。
模様が美しい。

あれ、なんか人の顔(仮面)に似ていないか?
c0127367_13093678.jpg
面白い顔に見える。







葉の上で休んでいた黒黄色の可愛いハチ。
c0127367_13043273.jpg
オキナワツヤハナバチ。
なんとなく全てがコンパクトにおさまっている。







今度は眼がとても大きなアブに出会った。
c0127367_13023923.jpg
いったい、どんな風に見えてるんだろう。






森で昆虫達を撮っていると、野鳥が遊びに来た。
c0127367_13025229.jpg
リュウキュウメジロがこちらをジロジロ見ている。
あまり人間というのを見たことがないのかな。
それとも「私も撮って!」って来てくれたのかな。





さて、今度は川に行ってみよう。
c0127367_13455245.jpg
川はほどよい木漏れ日があり、水は冷たく、天然クーラーのようだ。


木陰でなんか綺麗な昆虫が飛んでいた。
近づいてみるとトンボだ。
c0127367_13033297.jpg
c0127367_13032260.jpg
リュウキュウハグロトンボのオス。
かなり激しい追いかけっこをしている。
しかもずっと。
なかなか止めようとしない。
お互いに必死だ。
c0127367_13031438.jpg

c0127367_13041769.jpg
縄張り争いにしては随分としつこい。

もしかして近くにメスでもいるのかな。

付近を探してみたら、やっぱりいた。
c0127367_13034899.jpg
c0127367_13035888.jpg
そっか、メスは産卵中か。
この産卵中のメスを護っていたんだね。
それしにても邪魔していたオスはなんとも往生際の悪い奴だ。





夕方になり、陽も沈み、私の好きな青の時間になった。
c0127367_13030102.jpg


そして夜になり満天の星。
c0127367_13103913.jpg
c0127367_13103508.jpg
白く輝いているのが木星。
細い線が人工衛星。
最近釣りばっかり行ってたけど、たまには撮影も楽しいな。

[PR]

# by nagatsuka634 | 2016-07-16 14:02 | 沖縄・自然 | Comments(0)
2016年 06月 14日

夜の生き物達

夜のやんばるには面白い生き物たちがいる。


c0127367_10141723.jpg
こちら「千と千尋の神隠し」のキャラクター「かまじい」のモデルになったと言う
ザトウムシの仲間。「アマミオオヒラタザトウムシ」







c0127367_10141466.jpg
「トゲナナフシ」
体に小さなトゲがあるが、触っても全く痛くない。





暗闇に可愛いカエルがいた。
             
c0127367_10140087.jpg
「ホルストガエル」の若い個体。





地球上で沖縄の北部やんばるだけに棲む貴重なカエル。
             
c0127367_10141196.jpg
「ナミエガエル」
c0127367_10140969.jpg
生きた化石とも言われている原始的な種類だ。




この日は雨が降っていて、カエル達が沢山いた。
ということはそれを捕食するヘビもいる。
c0127367_10140395.jpg
「ヒメハブ」      
森の陰でじっと獲物を待つ。

 


      

色鮮やかなヘビも出現。
c0127367_10135600.jpg
「アカマタ」
まだ生まれて間もない個体のようで色がとても美しかった。






動きの素早いヘビと言えばこの種類。
c0127367_10134906.jpg
「ガラスヒバァ」
もの凄いスピードで移動していて、突然止まり、また動く。
変な動きをしているなぁ、と観察していたら、なんと飛んでいる昆虫を追跡していた。





こちらは昼間の写真だが、ノボタンに赤い脚のバッタがいた。
c0127367_10134739.jpg
「オキナワモリバッタ」
花粉を食べていた。





これは「サクララン」
c0127367_10134052.jpg






葉にアリがいた。
c0127367_10133839.jpg
と思ってカメラを近付けると、アリに擬態しているクモだった。





「オキナワキノボリトカゲ」
c0127367_10133513.jpg
c0127367_10133329.jpg
とても可愛いトカゲだが絶滅危惧種。
ペットとして飼う人がいるが、とるのは写真だけにしたい。


[PR]

# by nagatsuka634 | 2016-06-14 12:46 | 沖縄・自然 | Comments(0)
2016年 05月 31日

カヤックでマングローブ 2016年5月30日

昨日の休みは強風で釣りにも行けず、部屋でゆっくりしていた。

あぁ、どこかに出かけたい。

そうだ、風の影響のないマングローブでカヤックしよう!
と、いうことで本当に久しぶりにマングローブ地帯へ行ってきました。
カメラバックに一眼レフとおにぎりを入れて。

今日の目的は「ミナミトビハゼ(沖縄の方言でトントンミー)を撮る」

いつも観光客達で賑わっているこの場所、なぜか今日は誰もいない。
完全に貸し切り状態だ。
ラッキー!
c0127367_15124011.jpg


ゆっくりと奥へと入っていく。
c0127367_15125223.jpg



漕ぎ方に気を付けないとパドルでヒルギ達の枝にぶつかりそうだ。
c0127367_15130573.jpg
ヤエヤマヒルギの群生。





青空だったらもっと綺麗に撮れてたかな。
c0127367_15151464.jpg



ここはオヒルギの群生地帯。
c0127367_15132358.jpg


今日の目的、ミナミトビハゼはあちこちにいた。
c0127367_15133678.jpg
まずは遠目で一枚。

この生き物は眼がとても綺麗なので超接写で撮ってみる。
c0127367_15140194.jpg
なんでこんなに綺麗な色なんだろうか。。。






場所は変わって森の中。
天然記念物のコノハチョウを発見。
c0127367_15142511.jpg

この枯れ葉に擬態している翅も凄いが、コノハチョウは翅を広げた時が美しい。
c0127367_15143624.jpg
中南米にいるモルフォチョウにも負けないくらい美しい。
c0127367_15145701.jpg
             
c0127367_15144619.jpg
表と裏のギャップがあり過ぎ。


[PR]

# by nagatsuka634 | 2016-05-31 15:24 | 沖縄・自然 | Comments(0)
2016年 05月 20日

梅雨に入ったけど。

久しぶりの更新だ。
c0127367_16330189.jpg
イボイモリ
結構前の写真だが、なんか顔が可愛いので。






こちらも少し前になるが、風の強い日にセンダンの花をスローシャッターで撮ってみた。
c0127367_16323196.jpg
青空と薄紫色の小さな花がとてもきれいだ。




その頃、森の中では初夏の昆虫達が元気に活動していた。



暗い森の中で一際目立つ綺麗な甲虫。
c0127367_16344481.jpg
オオシマカクムネベニボタル
この赤黒色の昆虫はこの時期多く出現する。
有毒のこの昆虫に擬態していると考えられている。







c0127367_16324952.jpg
このチュウジョウコメツキモドキ、今年は少なかった気がするなぁ。









c0127367_16324097.jpg
インパチェンスのピンクをバックにアマミアオハムシダマシ。








そろそろ成虫の姿も見かけるようになってきたこのバッタ。
c0127367_16332889.jpg
オキナワモリバッタ(これは幼虫だけど)





c0127367_16333467.jpg
ヨツメオサゾウムシ
顔がとっても可愛いと個人的に思う。






c0127367_16334514.jpg
キベリノミハムシ
こちらは眼が超可愛いよね?








c0127367_16332267.jpg
オキナワトラフハナムグリ
この甲虫は、色彩が綺麗で毎年写真を撮ってしまう。







c0127367_16325581.jpg
アマミアオジョウカイ
個人的にこの系統の甲虫も大好きだ。





ヤモリの先祖、生きた化石。
c0127367_16350427.jpg
クロイワトカゲモドキ
色んなアングルで写真を撮ろうと思った矢先、逃げてしまった。







そして、沖縄が梅雨に入った。
例年より遅く、そして気温が低い。
こんなに涼しく、過ごしやすい梅雨は初めてだ。


この時期に植物達はぐんぐん育つ。
c0127367_16340942.jpg






雨の時期、カエルを狙うヘビも活発だ。
c0127367_16331726.jpg
ペロペロと舌を出す、ヒメハブ。
夜の森は気を付けないと。







気温が上がってくると河原付近では宝石の様な昆虫が動き出す。
c0127367_16335740.jpg
オキナワハンミョウ
これが飛ぶと翅の中の瑠璃色が強調されてさらに美しい。






c0127367_16335147.jpg
小さな昆虫を狙うのはタテスジハエトリ。





雨の夜、あちこち歩いているのがイモリ。
              
c0127367_16331123.jpg
オキナワシリケンイモリ。






爬虫類も昆虫達を狙う。
c0127367_16341665.jpg
オキナワキノボリトカゲ







c0127367_16342884.jpg
ミナミヤモリ。


あ、目に何か入った。
c0127367_16342250.jpg
ペロリ。







[PR]

# by nagatsuka634 | 2016-05-20 17:19 | 沖縄・自然 | Comments(0)
2016年 04月 18日

シイノトモシビタケ

今日は大雨で釣りに行けない。せっかく連休なのに。

そういえばすぐ斜め上の部屋のべランダで巣作りを始めた鳥がいる。
すぐ下の草むらから、材料の葉をとりに行くのだが、ものの数秒で
葉をくわえて帰ってくる。


c0127367_14543939.jpg
c0127367_14544785.jpg
シマキンパラだ。

あまりにも可愛く、けなげなので写真を撮るが、早すぎてなかなか撮れない。
c0127367_14545419.jpg
            
c0127367_14552700.jpg
カシャカシャとシャッター音に気づいたのか、少し離れた所で私のことをじっと伺う。

害がないと理解したのか、また巣作りへと戻っていった。
c0127367_14552132.jpg


そうそう、職場にいつもいるイソヒヨドリがこの前シロハラと喧嘩をしていた。
c0127367_14323449.jpg
喧嘩の瞬間を撮ろうと頑張ったが、この1枚を撮るのがやっとだった。
c0127367_14522819.jpg
このシロハラ、しばらくいたが、渡り鳥なので、もうどこかへ飛んで行ってしまった。



前の休みも釣りに行けない日があった。車にカヤックを積んだまま森散策へ。
c0127367_14524958.jpg
雨の日の森は緑の色が濃い。



c0127367_14531424.jpg
幹にへばりついたシラタマカズラ。




c0127367_14532305.jpg
このクワズイモ、もうすぐ私の背を越す。




c0127367_14534158.jpg
イタジイの木々から初夏の日差し。




c0127367_14525705.jpg
森の奥の沼地では産卵期を終えるオキナワシリケンイモリがいた。




c0127367_14535284.jpg
イジュの木の実が落ちていたので、そっと割ってみると、
優しいおじいちゃんとおばあちゃんがいて、とても癒された。




c0127367_14540066.jpg
ヒリュウシダにはオオシマカクムネベニボタル。
このあと、相手を探しに飛んで行った。見つかるといいね。





c0127367_14542351.jpg
今年の4月は雨が多い。そのおかげで光るキノコを見ることができた。
「シイノトモシビタケ」
毎年同じイタジイで見ることができる。

c0127367_14542947.jpg
前にこのキノコを食べていたカタツムリのお腹も光ってたっけ。








[PR]

# by nagatsuka634 | 2016-04-18 15:21 | 沖縄・自然 | Comments(0)
2016年 01月 29日

孔雀

先週沖縄でっも雪が降った。

最北端の集落では3.1度を記録した。

でも今日の日中の気温は約25度。どうなってんだ。




寒かったその日にたまたま夜のビーチに行ったから、ついでに星の写真を撮った。
そしたらたまたま流れ星が写った。 ラッキー。
c0127367_22011092.jpg




暖かくなった今日はサクラを見に行き、メジロとサクラっていう定番の写真を撮った。
c0127367_22020266.jpg
「ザ・春」って感じ。






本当は釣りに行きたかったのだけど、強風で行けず、カメラを持ってクジャクのいるところへ。
c0127367_22081204.jpg
c0127367_22092949.jpg
もちろんこのクジャクは飼っている鳥だけど、インドなどでは野生に生息している。
こんな美しい鳥が自然界にいるって、なんか凄い。
いったいどうやって進化したら、こんなに美しくなるんだろうか。
c0127367_22090074.jpg
c0127367_22084882.jpg


メスにアピールするのに、こんなに美しくなったオス。
c0127367_22082818.jpg
それなのに近くにいたメスに一生懸命自慢の羽根を広げて見せるも、メスは知らんぷり。
c0127367_22081925.jpg

おい、そこのメス! もっとようく見てやって!こんなに綺麗なんだぞ!
って思わず私も応援してしまう。
c0127367_22090931.jpg
個人的には首のすぐ後ろのこの部分が特に綺麗だと思う。
c0127367_22083602.jpg

はあ。
綺麗すぎてため息がでる。
c0127367_22092096.jpg
今日、孔雀だけで300枚くらいシャッターを切った。

[PR]

# by nagatsuka634 | 2016-01-29 22:28 | 沖縄・自然 | Comments(0)
2016年 01月 18日

冬もいいな。

仕事中の休憩時間に車の窓から見た鳥。
     
c0127367_19183235.jpg
冬になると沖縄にたくさんの数が渡ってくるシロハラだ。
警戒心が強いので、なかなか写真を撮らせてくれないのだが、どうやら私に気づかなかったようだ。

かわいい。







休日にたまたま行った川沿いで、ミサゴを見た。
ミサゴは川の魚を狙っていたようで、ぐるぐると旋回しながら獲物を探す。
        
c0127367_19203117.jpg
 
翼を広げると150~180cmにもなり、近くに飛んでくると迫力がある。
        
c0127367_19203844.jpg
あんなふうに大空を自由に飛ぶことができたら、どんなに気持ち良いだろうか。


うらやましい。


そしてかっこいい。







たまたま入った夜の森。
c0127367_19184185.jpg
冬はイボイモリの恋の季節。
この日はイボイモリが20匹以上いた。
彼らにとっては熱い夜だったようだ。

やっぱりかわいい。






こちらも夜のやんばるの森で見た、ヒメハブ。                    
c0127367_19201384.jpg
一晩中、じっとして獲物を待ち構える。
たまたま射程距離内に入った小動物を食べる。
夜の森では音をたてると、猛禽類などに狙われてしまう。
だから余計な動きを極力避ける。じっとしていたほうが安全なのだ。





サトウキビが銀色の穂をつけた。
        
c0127367_19202322.jpg
この島は、畑のほとんどがサトウキビ。
穂が咲き揃うと、ついカメラを向けたくなる。



そして夕陽があたると穂は金色に染まる。
c0127367_19204857.jpg
この季節はあまり好きじゃないけど、冬もいいな。


[PR]

# by nagatsuka634 | 2016-01-18 20:32 | Comments(0)
2015年 10月 20日

青いカエル!

沖縄もだんだん涼しくなってきた。

この季節になると寂しさを感じてしまう。

そう、夏の生き物達が少なくなってくるからだ。
c0127367_23284448.jpg
このオキナワキノボリトカゲとか、冬に見ることはほとんどない。




リュウキュウミスジが木漏れ日の当たるところで食事をしていた。
c0127367_23291407.jpg
バッタの死骸も食事になるんだなぁ。




そう、沖縄では秋になるとタカが飛んでくる。
c0127367_23285576.jpg
サシバだ。 このサシバの声を聴くようになると「もう秋か」と感じる。




この季節は夕焼けが美しい。
c0127367_23290288.jpg



そうそう美しいもので思い出した。
やんばるには日本一美しいカエルというのがいる。
c0127367_23391641.jpg
オキナワイシカワガエル。
これが普通の色。まあ、緑がベース。
美しいというか、私には超可愛いって感じなんだけど。


ところが、先日やんばるを散策していたら、青バージョンを発見した。
c0127367_23294074.jpg
少々遠かったのでアップでは撮れなかったが。
c0127367_23292995.jpg
実はこれ、超レアなのだ。
まあ、興味がない方には「ふ~ん」って感じだと思うけど。

[PR]

# by nagatsuka634 | 2015-10-20 23:44 | 沖縄・自然 | Comments(0)
2015年 09月 03日

勘が教えてくれたハブとの遭遇。

久しぶりのアップ。


最近はすっかりカヤックフィッシングにはまってしまい、釣りブログばかりを
アップしている。


釣りに興味のある方は是非こちらをご覧あれ。



さて、8月は仕事が忙しい時期であるが、ちゃんと休みは貰っている。
その休みの数日を利用して、やんばる(沖縄本島北部)に行ってきた時の写真を
載せてみる。



ここやんばるでは「ヤンバルクイナ」という飛べない鳥がいるのだが、
知名度が高く、テレビなどでもよく紹介されているので、ご存知の方も多いのでは。

でも実はもっと希少な鳥がいるのである。

ノグチゲラだ。


日本のキツツキの仲間ではかなりの大型。
国指定の特別天然記念物。
そんな貴重な鳥を撮ってみた。
c0127367_23442640.jpg



夜のやんばるも結構楽しく、可愛い生き物達に出会うことがある。

県指定天然記念物の「ホルストガエル」
c0127367_23585335.jpg
なんか異常に姿勢が良い気がする。気のせい?







くりくりとした眼のヘビ。
c0127367_23594507.jpg
私の中ではこのヘビはかなり可愛い顔をしていると思う。
「ガラスヒバァ」





別の日にはお気に入りのとある谷へ行った。

ここは車を降りて20~30分急な森の小道を下ったところにある渓流で、
川の水はとても綺麗。そして冷たい。


やんばるではあまり見かけない大きな木々があり、自然のパワーを感じる所。


車を降りて森に入る前に、ふと変な勘が働いた。

普段は木の棒を持って、通る道を叩きながら歩いたりはしないのだが、
何故か今日は、その方がいいと感じたのだ。ヘビを踏まないための対策だ。



棒を持ってあちこち叩きながらゆっくりと小道を下って行く。


すぐ近くで美しい鳥のさえずりが聞こえる。

癒される。

森の中は本当に気持ちが良い。



谷を下りる途中で見た手のひらより大きなクモ。
日本最大級のクモで「オオジョロウグモ」だ。

c0127367_23463663.jpg
大きい個体は鳥なども食べてしまう。






そのすぐ後に県指定天然記念物「リュウキュウヤマガメ」と遭遇。
c0127367_23470786.jpg



他にも「キノボリトカゲ」がいたり、国指定天然記念物の鳥「ホントウアカヒゲ」の
声が聞こえたりと、まさに大自然。



ゆっくりと慎重に下り、やっと川へ着いた。

川の冷たい水にに浸かりながらカエルがいないかとうろうろ。

ちょっとした木陰をのぞき込んだら、背筋が凍りついた。

やはり勘は当たった。

ハブだ。
c0127367_23473759.jpg

涼しい風が通る川の木陰で昼寝をしていたようだ。
2メートル弱の大物。

c0127367_23555168.jpg
見慣れてるとはいえ、さすがに昼間に出会うと迫力がある。



最近この「勘」が働くことが多い。

偶然かもしれないが、いつもこれに助けられる。

そのおかげで今年だけで3~4回交通事故に遭わずに済んだ。

だからいつも信じるようにしている。

この「勘」っていったいどこからくるのであろうか。

不思議でしょうがない。

[PR]

# by nagatsuka634 | 2015-09-03 00:20 | 沖縄・自然 | Comments(0)